脱毛と「床屋」との歴史

エステサロンの最初は「床屋」から始まります。そのことは以前に申し上げた事でありますが、実は本当に古くから遡って行くのです。
床屋の貿易は伝統があります。カミソリはエジプトで青銅記事代(紀元前役3500年)の遺物の中で見つけられました。

古代エジプトの文化では、「床屋」はもっとも高く尊敬されけた個人的職業でした。それは、古代エジプト文明では、
薬の聖職者と男性用の「床屋」は高い地位にある職業として、もっとも初期に記録されたものです。エジプト文明はいくつかの部族に分かれていました。
ある部族では、「床屋」はもっとも重要なメンバーの一人とされていました。

ある悪霊が彼らの髪を通して人の身体に入る事ができると考えられていました。 「床屋」は、
その髪を切ってそれらを排出できる人として高く尊敬されていたのです。 「床屋」は、
それらの霊的で宗教的な信念の為、結婚式や子供の洗礼などの宗教的儀式を行う人ともされていました。
これらの式典の間、人々の髪は垂れているままで、式典の儀式の踊りが終わるのでは切らずにずっと伸ばし続けられています。

HT052_350A 彼らは、どんな悪霊も入る事が出来ないように、どんな悪霊も逃げることが出来ないように、次に髪を切るまでの間、しっかりと髪を結びつけておきます。
そして、次の儀式の時に髪を切り、悪霊を追い出すのです。古代エジプトでは、こういう習慣があちらこちらで行われていました。 紀元前296年にギリシアの植民地シチリアがローマよって導入されました。

古代ローマの習慣には、「公衆浴場」と言って、皆が浴場に集まり、話をしたり、楽しんだりする習慣がありました。
シチリアは、ローマが潜入する事で「公衆浴場」の文化を知る事となります。この「公衆浴場」でかかせなかったのが「ひげそり」の「理髪店」「床屋」の存在でした。
「床屋」はこの文化によって、裕福になり、ハイソサエティーの生活を確保できる職業として成り立っていました。 現在「脱毛」と呼ばれる歴史を遡っていくと古代エジプトやローマ文明にまで遡る事となるとは驚きです。