脱毛と「美容師」と「床屋」の歴史について

エステサロンの最初は床屋から始まります。床屋は、ラテン語の髭の事から「あごひげ」の事を示します。 その当時、床屋は「男性のひげそり」と「少 年の髪の散髪」と「女性のドレスを着付け」又は「花婿の支度」等がありました。
床屋の職業は、「理髪店」か「床屋」と言われていました。

当時、理髪店は、 社会的な公共の場として皆に使用され、社会問題や関心事を声に出して、社会的問題について議論し、
市民を引き込んで皆で話し合う場所。そういう公開討論の 場所として知られていました。また男性の自己形成を助ける場所としても床屋の位置と場所はとても有力な位置にありました。 歴史をたどると、「歯科」と並び「床屋」は「外科医」としての位置があり「外科的な処置をする」事でも知られていました。

アメリカやヨーロッパ諸国文化において安全かみそりとあごひげが減少している普及開発のあおりをうけ、
ほとんどの「床屋」は、現在の「顔の髭剃り」のみ、又対照的に「男性の頭の毛を切る」ことのみを専門としてきました。 歴史を経て、現代「床屋」という用語は、男性の髪を専門にスタイルするプロの「美容師」として用語が普及されるようになりました。

そして現代においては、「美容師」と「床屋」。二つの職種は別々で、どちらかに部門としてはっきりと分れいています。それらの業務を行うには、各自が選択して許可をされなければならなくなりました。
彼らがどこで働くか、そして何を提供するのか。どのサービスに許可をされるのか。そして彼ら各自がどんな仕事のスタイルで
私たちに対して提供をするのかは、私たちに提供する仕事のスタイルの普及手段によって名前が異なり業務もそれぞれに異なってくるのです。 今日の名前「美容師」「床屋」「エステサロン」といった様に私たちに提供してくれるものによって名前が異なるのは、このような歴史を経て今日に至るのです。

PH130_070

しかし、この用語は、特定の場所の規則によって異なります。
アメリカの異なった州では、それらの労働と事前許可制法で異なるのです。 例えば、メリーランド州では、美容師が「床屋」に出入りして「西洋カミソリ」を使用することは禁じられています。
対照的に、ニュージャージー州では、「床屋」と「美容師」との法的違いはありません。彼らは同じライセンスを発行してもらう権利持っています。 選択は各自一つずつ、西洋かみそりを使用する権利。もうひとつは、髪を着色する練習をしてこの仕事を芸術として公表する権利です。

しかし、オーストラリアでは、「床屋」の公式用語が「美容師」という事になっていて両方をこなします。 20世紀にはいり、「床屋」は男性の美容師が男性の髪等の人気スタイルをする所として他ならなくなってきています。しかし、20世紀中頃に入り「床屋」人気は次第に無くなってきました。
現在では、大部分のこの種の職種の方は、「美容院」で働いている事が多くなってきています。